エコファームわかやTOP > 若谷農園の耕作放棄地を活かした小松菜栽培の取り組み

若谷農園の耕作放棄地を活かした小松菜栽培の取り組み

耕作放棄地の再生

耕作放棄地の問題

近年、耕作放棄地は増え続けています!

耕作放棄地が増える原因1

耕作放棄地が増える原因2

耕作放棄地が増える現状

耕作放棄地は昭和55年以降、増加の傾向にあります。
若谷農園では、この耕作放棄地を再び農地として再生する活動を行っています。
当園では耕作放棄地再生活動として「耕作放棄地を活かした小松菜栽培」を行い、放棄され雑草などが生茂った農地を耕し小松菜が栽培できる農地へと再生しています。

資料: 農林水産省「農林業センサス」より
関連リンク
農林水産省 =耕作放棄地対策の推進=

埼玉県 =耕作放棄地対策=

若谷農園が行う耕作放棄地再生プロセス

<img alt=

<img alt=

<img alt=

<img alt=

エコファーマーマーク

環境にやさしい栽培方法を行いながら耕作放棄地を豊かな農地に再生します。

若谷農園では耕作放棄地の再生を行う際に、自家製堆肥等の有機質を投入し土壌改善や、化学肥料の低減・農薬の低減など、環境にやさしい栽培方法で荒地だった農地を豊かな農地へと再生させます。
その活動は土作りと化学肥料、農薬の使用低減に取り組む生産者として「エコファーマー認定」の認定をうけております。

運営管理:農業生産法人 有限会社 若谷農園