エコファームわかやTOP > 若谷農園は未来の元気な農業者を育成してます。

若谷農園は未来の元気な農業者を育成してます。

農業の担い手を育てる

耕作放棄地の問題

農業は生命維持産業、未来の農業者育成は必須課題

農業の後継者減少での問題1
農業の後継者減少での問題2
耕作放棄地が増える現状

担い手育成の為に農業生産法人の設立へ

若谷農園では、平成14年12月11日に従来型の家族労働から脱皮を行い、農業生産法人 若谷農園として新たにスタート致しました。
法人化の目的は、若い農業の担い手を育成する事です。
法人化を行う事で、農業者を志す若い人達に収入面で安定した環境作りが提供できると考えたからです。
当園の最も大切な事は、若い農業の担い手を育成して地域貢献ができる会社となる事です。

農業の後継者作りに向けた法人化

若谷農園ロゴ
農業法人設立の目的
農業法人設立の目的1
農業法人設立の目的2
農業法人設立の目的3

農業の後継者として育つ社員

若谷農園社員1
若谷農園社員2
若谷農園社員3
若谷農園社員4
若谷農園社員5
若谷農園社員6


エコファーマーの継承

エコファーマーマーク

環境にやさしい栽培方法を行いながら耕作放棄地を豊かな農地に再生します。

若谷農園では耕作放棄地の再生を行う際に、自家製堆肥等の有機質を投入し土壌改善や、化学肥料の低減・農薬の低減など環境にやさしい栽培方法で荒地だった農地を豊かな農地へと再生させます。
その活動は土作りと化学肥料、農薬の使用低減に取り組む生産者として「エコファーマー認定」の認定をうけております。

運営管理:農業生産法人 有限会社 若谷農園